1. さらさらメイクラボTOP
  2. 顔汗
  3. ≫【顔汗を卒業したい方必見!!】簡単に顔の汗を止める方法とは?

【顔汗を卒業したい方必見!!】簡単に顔の汗を止める方法とは?

もうすぐ夏です・・・汗気になりますよね

学生のあなた、
「顔の汗、すごいでてるよ?」
なんて友達から言われたことありませんか?

社会人のあなた、プレゼンテーションや大事な商談などがあるときに緊張して顔の汗が止まらなくて困った経験はありませんか?

汗は意識しすぎると、ますます症状が悪化してしまいます。

とくに顔の汗は一番目立つところでもあり、気になりますよね。
顔の汗はベタベタしておりせっかくのメイクも汗によって崩れてしまいます。

今回は汗をかく原因とすぐに始められる対処法についてご紹介します!

気になる顔の汗、主な4つの原因とは?

顔汗がたくさん出てしまう主な原因は4つあります。

1.運動不足

軽く運動しただけで、大量の汗をかいてしまうことありませんか?
その場合、汗の機能が衰退している可能性が考えられます。

「汗の機能ってなに?」そう思われる方も多いですよね。

汗は汗腺という機能が働き、体外に出されるようになっています。
汗を出す汗腺の1つ「エクリン汗腺」は全身に分布しています。

この「エクリン汗腺」の機能が弱っていることが原因なんです。

「エクリン汗腺と運動不足ってどう関係しているの?」

と疑問に思いますよね。
運動不足で汗をかく機会が減ると、エクリン汗腺の働きを休止させてしまいます。
このエクリン汗腺は一度休止すると、再度活動しにくくなってしまうんです。

エクリン汗腺が正常に機能していないと、心臓に近い部分や脳細胞を熱から守るために、顔から大量に汗をかいてしまいます。

2.緊張や不安、興奮

緊張しストレスやプレッシャーなどを感じている場合に出てくる汗を「精神性発刊」といいます。

ほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか?
この場合の汗は気にすればするほど汗が止まらないという現象が起こります。

3.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると交感神経の働きが鈍くなり、汗を大量にかきやすくなることは知っていましたか?

女性ホルモンバランスが変化することで表れる更年期障害は、顔がほてるのが特徴で顔が熱くなって汗をかいてしまいます。
40代後半以上の女性に多く見られますが、若くして更年期の症状が出てしまう人もいるため油断は禁物です。

4.顔面多汗症

緊張しているわけでもなく、運動したわけでもないのに汗をたくさんかいてしまうことを「多汗症」といいます。

その中でも全身汗をかいているわけではないのに、顔だけすごい汗が出ている…

これは「顔面多汗症」と言われるものです。

顔面多汗症は季節に関わらず、常に顔に汗をかいている状態になります。
運動したり緊張したりしている場合に、顔に汗をかくことは普通のことですが、顔面多汗症になるとそれ以外の場合にも汗をかきます。

人目につきやすいため、さらにそれがストレスになり、汗をかいてしまう…というような悪循環に陥ってしまうのではないでしょうか。

顔面多汗症は男女ともに活動性の高い20代から50代に多いと言われています。

顔面多汗症の原因は特定されておらず、発汗を促すといわれている交感神経がなんらかの原因で過敏になることが1つの原因であることが考えられています。

【もう顔汗気にならない!】顔から吹き出る汗を止める5つの方法は?

1.血管とリンパ節のある部分を冷やしましょう!

これは誰でも簡単に始められる方法です。
保冷剤など冷たいもので手首を冷やすだけで、血液が冷やされ汗が引いていきます。

でも外出先に保冷剤を持って出ている人なんてなかなかいませんよね?

そんな時は冷たい飲み物を購入し、その飲み物で冷やしましょう!

人前ではなかなかやりにくいかもしれませんが、首の後ろや脇の下などを冷やすと顔汗にはさらに効果的です。

2.用意不要!ツボ押しで汗を止める

手のひらには汗の量を抑えるツボが多く集まっています。

手を広げた状態で小指側の手首の付け根から1.5センチほど下がったところに「陰げき(インゲキ)」というツボがあります。

そこを親指でググッと押してみましょう。

3.顔汗用の制汗剤を使う

現在はドラッグストア等でさまざまな制汗剤が売られています。

顔に使用する場合は必ずサラフェプラスなど顔用の制汗剤を使用するようにしましょう。

制汗剤は汗腺の出口を抑えるようにして、汗の量を減らしています。
長時間使用する場合は肌が荒れる場合もありますので、成分をしっかり見て選ぶことをオススメします。

「今日は絶対に汗をかきたくない!」と思う日に使うと安心ですね。

4.湯船につかる

めんどくさいから…といって、毎日シャワーで済ませていませんか?

湯船でじっくり汗をかくことにより、体の汗腺をより活発に働かせることができます。
発汗を促す入浴剤も多々ありますので、使用してみてはいかがでしょう?

5.顔汗を止めるためのグッズ

汗を止めるためのグッズは、ドラッグストアやホームセンターにも多数取り揃えられています。

あなたにピッタリあった、意外な掘り出し物を見つけられるかもしれません。
一度足を運んで見てもよいかと思います。

まとめ

顔に汗をかく原因は

  • 「顔面多汗症」
  • 「ホルモンバランスの乱れ」
  • 「運動不足」

・・・とさまざまです。

血管を冷やす、手のツボ押しは気軽に始められる対策ではないでしょうか。
もうすぐ夏ですが、めんどくさがらずに湯船につかって顔汗症対策をしていきましょうね。

まずは気軽に始められる方法をご紹介しましたので、試してみてください。

どうしても治らない、気になる場合は多汗症の治療を行なっている病院を受診しましょう。

シェアをお願いします。